住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

サイトメニュー

難しい手続きも簡単に

女の人

個人再生の認定が下りると、今後住宅ローンやクレジットカードの発行が難しくなります。しかし、個人再生から7年〜10年後に頭金を通常より多く入れることで、金融会社からの信用を得た場合には組む事が可能なとなることもあります。

詳しく見る

生活を変えずに借金減額

相談

住宅ローンが残っている家を手放さずに債務整理ができるのが、個人再生という方法です。条件が厳しいので、個人再生を選びたいなら弁護士に相談してみると良いでしょう。相談は無料で受け付けているところもあります。手続きを依頼した場合の相場はには40〜70万円ほどです。

詳しく見る

詳細を調べてみよう

男の人と女の人

個人再生後には住宅ローンを簡単に組めなくなります。この点は注意が必要です。ブラックリストから抹消されるまで待ちましょう。また、住宅ローンを残したまま家を手放さずに個人再生をすることもできます。弁護士に相談すればスムーズに手続きができます。

詳しく見る

自宅を残した借金整理を

男性と女性

個人再生なら住宅ローンの返済を継続させたうえで、他の借金の減額が認められるため、マイホームを残しながら借金の整理ができます。条件を満たすかの確認や複雑な手続きは弁護士に相談することで代理やサポートをしてもらえます。

詳しく見る

自宅が残せる借金整理法

積み木

住宅ローンその他の借金の返済に困ったものの、マイホームを失うのは避けたい場合には個人再生の手続きをとることで、住宅ローンの返済は継続しながら、他の借金の減額による分割返済で返済軽減が期待できますので、法律の専門家に相談してみましょう。

詳しく見る

自宅を守れる方法

積み木

弁護士に相談しよう

日本人は他の先進諸国と比べても持ち家志向が強いといわれています。子育て世帯を中心に今は賃貸物件に住んでいるけれど、いつかはあこがれのマイホームを手に入れたいと願う家庭も多いといわれています。マイホームは人生で最も高額な買い物になるといわれており、住宅ローンを組んで購入すること家庭が大半を占めます。住宅ローンは高額かつ返済期間も長期間にわたることが一般的です。長期間にわたる返済期間の間にリストラなどによる収入減少や、離婚などによる家庭環境の変化が起こる可能性も少なくないといえます。住宅ローン購入時に想定していた収入状況や家庭環境が狂ってしまうと、住宅ローンの返済にも行き詰ってしまうこととなります。住宅ローンの返済に行き詰った状況を放置していると、金融機関側から競売の手続きをされてマイホームを手放さざるを得ない状況となります。また、手放すだけでなく残債が残っている場合はローンの返済だけは続くこととなります。住宅ローンの返済に行き詰って悩んでいるのであれば、債務整理の実績豊富な弁護士に相談をしてみることをお勧めします。債務整理には任意整理や自己破産のほかに個人再生といった手法もあります。個人再生が認められればマイホームを残しつつ借金の整理を行うことができます。個人再生は裁判所を経由して手続きを行う必要があるため、経験豊富な弁護士に手続きを依頼することが必須となります。借金問題で行き詰っているけれど出来るだけマイホームは手放したくないと考えているのであれば、弁護士に個人再生の相談をしてみることをお勧めします。

Copyright© 2018 住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】 All Rights Reserved.