住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

サイトメニュー

自宅が残せる借金整理法

積み木

マイホームは失いたくない

住宅ローンの返済が困難になると、いったいどうなるのでしょうか。住宅ローンには貸してくれた金融機関が第一順位の抵当権を設定しています。そのため、もし返済が困難になった際は抵当権が実行され、マイホームは競売にかけられて、売却代金が住宅ローンの返済に充てられてしまいます。つまり、せっかく買ったマイホームも返済ができなくなれば、売却されて他人の手に渡ってしまい、自分たち家族は出ていかなければならなくなるのです。住宅ローンだけでなく、生活に困るなどしてカードローンを借りたり、他にも借金をしてしまい、全体の返済が困難になっている場合に、どうしてもマイホームは失いたくないと思うのであれば個人再生という手続きを検討しましょう。個人再生では継続的な安定収入があることを条件に、住宅ローンを除外してそれ以外の借金のみ減額による分割返済を認める判断を裁判所でしてもらえます。この場合、住宅ローンは全額そのまま返済を続けなければなりません。一方で、その他の借金は利息のカットなど減額をしてもらえ、3年から5年かけて分割返済ができるので、これまでよりは毎月の返済額が軽減できます。個人再生が認められるためには会社勤めをしているなど給与所得があるか、個人商店主や自営業で事業所得が安定的に入る見込みがある必要があります。収入を得ながら個人再生で決定された返済を続けますが、住宅ローンの返済がその後滞らない限り、マイホームを守って借金整理ができるのです。気になる方は弁護士などの法律の専門家に相談しましょう。

Copyright© 2018 住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】 All Rights Reserved.