住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

サイトメニュー

自宅を残した借金整理を

男性と女性

専門家に相談して自宅維持

住宅ローンの返済が困難になったとき、住宅ローンを利用している銀行は一定期間に渡って延滞が続き、返済が困難と認めると抵当権を執行してマイホームを売却されてしまいます。また、住宅ローン以外に多額の借金があるケースでも、返済が困難になり自己破産の手続きをとれば、債務の全額が免除される代わりとしてマイホームやマイカーなどの財産が競売にかけられてしまいます。借金を返さなくてよくなる代わりとして、競売された代金が債権者に分配されることになるのです。借金がなくなったとしても生活の拠点であったマイホームがなくなることは辛いものです。マイホームを失うことで家族が離散してしまうケースや、狭い賃貸住宅暮らしになり、世間の目を気にしながら辛い生活を強いられるケースもあります。もし、多重債務に陥ったり、他にも高額の借金を抱えてしまい、住宅ローンの返済が困難になった場合、マイホームだけは失いたくないと考えるなら、弁護士に相談して個人再生による解決がおすすめです。個人再生では一定の条件のもとで、住宅ローンを除外してそれ以外の借金のみを整理することができます。具体的には住宅ローンの返済はそのまま継続し、それ以外の借金について減額してもらって分割返済を行うというものです。個人再生では住宅ローンの返済継続と他の借金も減額して完済させることが求められるので、継続的な安定収入があることが求められます。複雑な個人再生の手続きを弁護士が代理してサポートしてくれますので、気軽に相談してみましょう。

Copyright© 2018 住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】 All Rights Reserved.