難しい手続きも簡単に|住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

サイトメニュー

難しい手続きも簡単に

女の人

認定後の金融機関の信頼

個人再生を裁判所に申請する場合には、多くの書類や手続きを踏まなければいけません。弁護士に依頼する事で、複雑な手続きを代わりに引き受けてもらえます。個人で行うと膨大な時間が必要になりますが、弁護士に依頼する事でこれらの手間を省ける事が人気の理由です。この時裁判所で個人再生の認定が下りた場合、利息等が無くなり、残った借金を返済しやすくなります。かかる費用は、現在の住宅ローンの状況によって変化します。個人再生は自己破産と違い、借金が無くなるという訳ではありません。その為、資産を残す事ができるので、住宅や車等を競売にかける事もできます。ただし、住宅ローンが残っている場合には売りに出す事はできないので注意しましょう。また、個人再生を行った後は、住宅ローンや新たなクレジットカードの発行は出来なくなります。しかし個人再生後7年〜10年後には、住宅ローンが組める可能性があるので安心してください。この場合、全ての金額を分割払いで行うのではなく、頭金として通常よりも多く支払う必要が出てくるでしょう。その為にも、個人再生の申請期間中にしっかりと貯金しておきましょう。個人再生後に住宅ローンが組めるか不安な場合には、一度弁護士に相談してみましょう。自己破産や債務整理よりも個人再生が人気の理由は、その後の金融会社等の信用や財産の一部を残せることです。個人再生は、あくまで借金を返済する意思はあるが支払い能力が無い場合の処置になります。よって、自己破産と違い車や住宅等の資産を残す事ができます。

Copyright© 2018 住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】 All Rights Reserved.