住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

サイトメニュー

詳細を調べてみよう

男の人と女の人

弁護士に相談する

個人再生というと債務整理の一つとして知られています。つまり、借金を積み重ねている人にとっての手段と言えるでしょう。この手続きは、通常、弁護士を通して行います。書類手続きなどがあるので、その道の専門家に相談して一緒に行った方が効率的です。こうして、個人再生の手続きがスムーズに完了し、ホッとしている人もいることでしょう。ところが、その後また新たに疑問が生じることがあります。それは、個人再生後の借金です。例えば、住宅ローンを組めるのかといった疑問が湧いてくる人もいるはずです。個人再生手続きをしてもらった弁護士に相談してみましょう。結論としては、個人再生後の5年から7年程度は住宅ローンを組むことはできません。組もうとしても審査がそう簡単に通らないことがあるのです。そのため、個人再生後に家を購入したいと思ったら、少し先延ばしにした方が無難です。個人再生をしているので、多くのローン会社のブラックリストに載ってしまっている状態になります。つまり、ブラックリストから抹消されれば、普通に住宅ローンを組めるようになるのです。この点は最初の個人再生手続きをする際、担当弁護士からも説明を受けることになるでしょう。一方、個人再生をする時に家を残せるのか、住宅ローンを残せるのかといった疑問点が湧いてくることもあります。多くの人は自宅がなくなってしまうのは困ることでしょう。結論としては、この点は大丈夫です。弁護士に相談をして家が残るように手続きしてもらいましょう。

Copyright© 2018 住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】 All Rights Reserved.