生活を変えずに借金減額|住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】

サイトメニュー

生活を変えずに借金減額

相談

持ち家に住み続けられる

債務整理を行うと返済額を減らすことができるので、月々の支払が楽になると共に早く完済できます。しかし住宅ローンが残った状態で債務整理をすると、持ち家を手放さなくてはいけなくなるので実行に移せないという人も少なくありません。持ち家がなくなってしまうと新たに住む場所を借りなければならず、引越し費用や敷金礼金、家賃なども支払わなくてはいけなくなるからです。また住み慣れた土地を離れるのが嫌という人もいます。しかし個人再生を選択すると、住宅ローンが残っている家でも手放さずにすみます。住んでいる家は生活に欠かせない大切なものなので、それを失ってしまうことは生活を再建するのに大きな障害となります。債務者保護の為に、持ち家を手放さずにすむ個人再生という方法があるのです。個人再生を選べば住宅ローンは引き続き支払い続ける必要がありますが、それ以外の債務は5分の1程度にすることができるので、住宅ローンの支払いも楽になります。しかし個人再生は、住宅ローンや残った借金を返済する能力がある事を裁判所が認めないと選べません。まずは個人再生を選ぶのが債務整理として最適か弁護士に相談すると良いでしょう。手続きも複雑な為、専門家に依頼しないと個人再生を行うのは難しいといえます。初回相談は無料で受けつけている弁護士も多いので、そういったところを選ぶと良いでしょう。相談後個人再生手続きを依頼した場合の費用は、40〜70万円程度となります。

Copyright© 2018 住宅ローンの返済に困った時の対処方法【個人再生を利用しよう】 All Rights Reserved.